【伝説対決】おすすめアルカナページはそのまま使っても大丈夫?

ver3.0からアルカナページに「おすすめ」の欄ができ、決められたアルカナのセットなら自分でアルカナページを拡張しなくても使えるようになりました。

1つアルカナページを拡張するのに400円必要になりますから、初心者はできるだけ用意されたアルカナページを使いたいですよね。

そこで今回は「おすすめアルカナページ」がどれだけ実用的かを考察しました。

僕がいつも参考にしているDoyserさんのアルカナ表と海外のプロプレイヤーのアルカナを前提に考えます。

物理ダメージ汎用

物理ダメージ汎用

猛攻暗殺竜爪

物理貫通能力に特化したアルカナですね。

一撃で敵を倒したい系アサシンにおすすめです。

赤に憤怒を混ぜるかはお好みで。

例:バタフライ、スカッド、バットマン等

魔法ダメージ汎用

荒廃加護汚辱

魔法攻撃に特化したアルカナです。

メイジならどのキャラでも使えます。むしろこの組み合わせが一般的。

例:メイジ全般

クリティカル率

憤怒暗殺竜爪

暗殺で素のダメージを上げ、憤怒でクリティカル率を上げ、クリティカルダメージで敵を仕留めるような組み合わせ。

個人的には暗殺より精霊で攻撃速度を上げたくなります。

使用例:一撃で仕留めたいマークスマン

クリティカルダメージ

(暴走を使ってないのでフルレベルがお見せできません😣)

暴走暗殺竜爪

「クリティカル率」のページと違い、暴走によってクリティカルが出た時のダメージを増やす設計です。

パッシブ効果でクリティカル率100%になるクィレンに合ったアルカナですが、紫に精霊が1つも入ってないのが心配ですね。

使用例:クィレン(攻撃速度がいらなければ)

タンク

鉄身加護英雄

タンクサポート必須の組み合わせです。メイジと同じくこのアルカナページをそのまま使っていいと思います。

使用例:タンクサポート全般

攻撃速度

覚醒精霊竜爪

覚醒精霊でこれでもかと攻撃速度を上げたもの。

キルグロスのような通常攻撃主体のヒーローにおすすめです。

マークスマンも使えるアルカナですが、出来れば憤怒を3つくらい積みたいところ。

使用例:キルグロス、マークスマン

物理ライフスティール

猛攻強奪竜爪

猛攻竜爪で攻撃力を上げ、強奪で回復するので、耐久の低いアサシン向けのアルカナですね。

現環境だとナクロスぐらいしか使い手のいない、非常に使いみちの限られたアルカナページです。

使用例:ナクロス

魔法ライフスティール

(祈祷は全く使わないのでフルレベルページをお見せできません😣)

荒廃祈祷汚辱

今の所魔法ライフスティールを積んで強くなるメイジはそんなにいないので、メイジはやはり「魔法ダメージ汎用」で良いと思います。

使用例:なし

結論

そのまま使えるもの

  • 物理ダメージ汎用
  • 魔法ダメージ汎用
  • タンク

微調整した方が良さそうなもの

  • クリティカル率
  • クリティカルダメージ
  • 攻撃速度(マークスマンは)

使い手が少ない

  • 物理ライフスティール

使い手がいない

  • 魔法ライフスティール

といった感じですかね。

微調整は戦闘を重ねるにつれて「もっとこうしたい」とニーズが生まれるでしょうから、それまでは公式が用意してくれたアルカナページを使っていいというのが僕の結論です。

0

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。