ボードゲーム

ボードゲームのルール、どの順番で説明する?

ボードゲームのルール説明って、どこから説明すればいいか分からなくて難しいですよね。

初めてのプレイヤーがすんなり理解できるルール説明の手順が無いものかと、考察してみようと思います。

ゴールから説明する

「一番ポイントを稼いだ人の勝ちです」

先にゲームのゴールを説明して、「そして、ポイントを手に入れる手段は・・・」と繋げます。

  • ゲームの目的がシンプル
  • 目的に対してゲーム内容が複雑
  • ルールとゴールが密接に関連している

これはゲームの目的がシンプルで、その過程が複雑なゲームに有効な説明手順だと思います。

関連:ゲーム内容がゴールに直結している

「今からあなた達には殺し合いをしてもらいます」

もゲームのゴールから説明している分類に入りますね。
「殺し合いをしてもらう」というのはゲームの内容ですが、「全員殺せば勝ち」というゴールも同時に説明できています。

このように、ゲームの内容を言うことでゴールが予想出来る場合は、シンプルな内容を最初に説明すれば良さそうですね。

ボドゲはこっちパターンが説明しやすいものが多いと思います。

  • 「これから農場を発展させてもらいます」→アグリコラ
  • 「カードを使って生き残れば勝ちです」→テストプレイなんてしてないよ

ゲームの手順から説明する

「自分の番にコレとコレをします」

とゲームの手順から説明するパターンです。

  • ルール説明している間にゲームの目的も判明する
  • 最初にゴールを説明したらテンポが悪くなる
  • ルールとゴールの距離が遠い

手番で出来ることを説明している間に、なんとなくゲームのゴールも見えてくるゲームに使えます。
「最終的に〇〇になった人が勝利します」みたいなゴール説明になると思います。
最初にゴールを説明するとテンポが悪くなったり、ルールとゴールの距離が遠い時は、先に手順を説明したほうが良いでしょう。

  • 「左の人からカードを引いて、被ったら捨てて、右の人にカードを渡して、最終的にジョーカーを持っていた人の負け」→ババ抜き

ババ抜きで最初に「ジョーカーを最後まで持っていたら負け!」だけを伝えると、ゲームの内容がイマイチ伝わらないですよね。
結局ルール説明の最後は「ジョーカーを最後まで持っていたら負け!」で締める事になるので、それだと最初のゴール説明が重複するのでテンポが悪く、やはりルール説明からしたほうが良いと判断できます。

世界観から説明する

あなた達はパン屋に務める魔法使いの見習いです!

と言われれば、「パンを焼くんだな」「魔法が使えるんだな」とルールをなんとなく想像することが出来ます。このように、世界観や設定を先に伝えることで、ゲームの内容が分かりやすくなる場合は先にそれを説明することでルール説明がスムーズになります。

内容物から説明する

カードが2種類入っていて、この数字が書いているカードが・・・

みたいな導入でルール説明をします。

内容物が少なかったり、カードに数字が書かれてるタイプのゲームだと、内容物を紹介するついでにルール説明が出来ます。

別のゲームに例えて説明する

「人狼に戦闘要素をプラスしたゲームです」

これはシャドウレイダーズのルール説明で僕が使うやつです。
みんなが知っているゲームで例えることで、ゲーム全体の要素が想像しやすくなります。
ゲームのゴールも一緒に説明できるのでお得ですね。

ゲームを別のゲームで例えるのは作者に申し訳ない気もしますが、説明がグダグダになってゲーム自体が面白くないように思われるよりはマシだと思うので、適切な例えなら使ってもいいと思います。

0
関連記事

コメントを残す(コメントは承認制です。