つぶやき

思考を三段階に分けてみる「妄想・想像・現実」

僕はよく歩きながら考え事するのが好きなのですが、その分現実とのギャップに悩まされることがあります。

それでこの間「思考を3つに分けて考えたほうが良くない!?」と思いつきました。

考えがまとまってないので今はアイデアを書き出すだけです。

③妄想

  • 現実的じゃない
  • 自由な発想
  • 現実に縛られない発想
  • 忘れやすい
  • アイデアが次々浮かぶ
  • あまり頭が疲れない
  • 考えてる時目線が上を向く
  • 歩いている時
  • 車や電車で思いつく
  • 過去の振り返り
  • 下手するとネガティブ
  • 思想家・アイデアマン・異次元の発想力

②想像

  • より現実的
  • 妄想を現実に落とし込む
  • 具体的なプラン
  • 目線が下向きになる
  • 逆算思考
  • 心理対比の現実的なステップ
  • 妄想を現実的にするギャップに苦しむ
  • イメージトレーニング
  • プランナー・マネージャー

①現実

  • 実際の行動で使う思考
  • マインドフルネス
  • この時「妄想」思考は働かない
  • 1番学びが多い
  • ミスしたら「想像」思考と共に対処
  • 準備してないと「妄想」とのギャップが辛い
  • 実践家・努力家・多動力

自分のイメージで番号を振ってあります。

③妄想→②想像

妄想を現実的なプランにする。この時点でいくつかのギャップに苦しむかもしれない。うまく現実に落とし込めないなら、その妄想的な目標が非現実的なものと言うことになるので、分解する必要がある。

心理対比の段階で、現実的なトラブルを思い描いて、それの対処法を考えるのもこのステップ

③妄想→①現実

妄想が暴走気味でそのまま現実に飛び込んだ感じ。準備してないので「思ってたのと違う」となる。もしくはそのギャップで諦めてしまう。

②想像→①現実

現実的なプランを実行に移す時。

①現実→②想像

現実でミスが生じた時、現実的な思考で対処する。

①現実→③妄想

振り返りや反省。次にどう改善するか現実からのフィードバックから考える。

②想像→③妄想

現実的な思考に偏ると視野が狭くなるので、そういうときは妄想に頼る。

0
関連記事